忍者ブログ

その人が何処から来たかなど、どうでもいいではないか。 どんな地位にあるか、どんな功績があったのか、どんな血筋を引いているのか、など全くどうでもいいではないか。 ただ、その人の行いを見よ。 今ここに於いて、何をするのかを見よ。 行いが正しく、羞恥があり、身と心を慎んでいるのであれば、その人は生まれがどうあれ、今から高貴な人ではないか。

2017/03/15 (Wed)
雇われない生き方。


以前にも紹介したお話。

自分は結婚していないし子供もいないけれど、このお話は心に入ってきます。

自分は19歳の時に紹介され、唯一 就職したその会社も1ヶ月で辞め、人生で就職した経験は後にも先にもその1ヶ月以外にありません。

だから社会人 生活とか会社での常識とかが全くピンと来ない。

先日 日本の大学生がここにやって来て、就職活動の話をしていたので「今でも就職活動ってするの?」と聞いたら、それは当たり前の事のように言っていました。

逆に不思議でした。

そういう自分みたいな感覚の人には、この話しは当たり前の様に受け止められます。


育てる子供は自分と血が繋がっている必要なんて全くないし、この星の何処か自分の居場所でやりたいことをやって自立して生きていって欲しい。

自分でお金を産み出せる力が重要であって、社長の夢や目的の為に自分の労働を捧げる雇われるという生き方。そこに何故 多くの人が疑問を持たないのか?

この雇用されるという生き方が常識とされた時代は、いずれ非なる常識となる時代がすぐそこまで来ています。

その時代を既に生きている人が知り合いにも多くいます。

日本と言う環境がそれを阻んでいるのならば、この星の何処でも住む場所を選んで自分で環境を変えればいい!

そこはやるしかない。逃げることの出来ない自己責任の環境。

不安と喜びが織り成す「心」の「旅」。

やりたいことを自由に創造していく日々。

人生を固定化させない。




ネパールに10年 住んでいて初めて盗まれる経験をしました。

それはガソリンです。

バイクに入れたガソリンを夜間に盗まれたのですが、上のチベット人のバイクからも同じ日にガソリンが盗まれていたので、夜間に街や村を徘徊する窃盗団?みたいな人達。

聞いてはいたのですが経験したので、対策として下のパイプのところにも鍵を付けて、下のパイプからガソリンを抜かれない様にしました。

こんなパイプの所に鍵が掛けられる物があるとは・・・ 

窃盗団も商売上がったりですね!

しょうもない事ですが、何時またガソリンが途絶える時が来るのか? 分からないので。







PR
  
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 5 6 7
13 15
16 18 20 21
24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/10 アジアン]
[03/14 Kazu]
[03/13 田渕憲志]
[01/10 ユME]
[07/02 みき]
[07/01 Kazu]
[08/05 Kazu]
[08/03 kazu]
[07/30 Kazu]
[07/30 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1971/09/08
職業:
パラグライダー
趣味:
たそがれ、物想い、静寂、心穏やか、不安、楽しむ
自己紹介:
Kazu
Japan spirits and pride
Professional tandem / Adventure pilot

世界最高峰のヒマラヤ、神の国ネパールで生きていく為に始めた空飛ぶ道具パラグライダーでコマーシャルタンデムをやっています。夢は神の山マチャプチュレへの冒険フライトに挑戦すること。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Copyright ©  -- 「 心 」 PEACE of MIND 「 旅 」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]