忍者ブログ

その人が何処から来たかなど、どうでもいいではないか。 どんな地位にあるか、どんな功績があったのか、どんな血筋を引いているのか、など全くどうでもいいではないか。 ただ、その人の行いを見よ。 今ここに於いて、何をするのかを見よ。 行いが正しく、羞恥があり、身と心を慎んでいるのであれば、その人は生まれがどうあれ、今から高貴な人ではないか。



チャイ(ミルクティー)で絶対にできないもの。それは芸術的な方向性。

甘いミルクティー文化に一石を投じられるコーヒーの芸術的な側面。

ここに文化を変えていけるポイントがあります。


もしこのような芸術的なコーヒーをお見せ出来たのなら・・・

意思、思考、過去への執着。その文化を変えていけます。


PR
今日は正午に打ち合わせのため、1ヶ月振りにネパールに戻って来られた藤田さん夫妻にお会いしにラトナ コーヒーまで行きました。

これから本格的にこのビジネスは始まるのですが、自分の要望を聞き入れて頂き、これからうちをショールーム兼カフェにしていきます。

うちには大きなガラスケースが3つに木製の棚箱が3つ。横に並べられる棚が2つあります。

ここに色々な色形のハンドメイドの篭、椅子、ランプシェード、ネックレス、イヤリング等を展示していきます。

出来るだけ多くの物を置かせて頂いて、売れた分を藤田さんに支払う事になりました。

自分も参加してアイデアやデザインも考案していきます。

ネパール女性の手作りなので時間も掛かり、直ぐに100、200の品数を揃えて置くことは出来ませんが、時間をかけて形にしていきます。

コーヒーに続く二つ目の柱にしていけるように!

これから動き出します。



全て微妙に違う、二つとして全く同じものが無いのが手作りの魅力です。
もうすぐビジネスを始めて5ヶ月。

開始して1ヶ月でマネージャーとスタッフを首にしてレストランを閉めました。一人でやったのと森夫妻に助けてもらって2週間。その後3ヶ月間は今のスタッフと自分でカフェとたまの宿泊客 相手のビジネスを続けています。

シーズン中であることと暑くない季節だった事もあり、ビジネスは何とか利益を出せていますが、バイクの修理と切り替えのビザ代とでその利益も殆ど使ってしまいました。

やらないといけない状況は作って、自分にとって重要なものも変わったので、そこが見えて来ることは必然です。

後は共にビジネスビを支えてやっていくパートナーの存在。

これもその環境下、状況下にビザを切り替える事で時間的期限を強制的に作ったので、それまでには必然。


どうしてもやらないと、しないといけない環境に追い込んで、生活を新たなものにしていきます。
もう日中は27度にもなり暑い。

例年より1ヶ月 近く早く、暑くなり始めました。

もうかき氷を本格的に始めてもいい。

コーヒーもアイスコーヒーを売ることが必要なので、アイスクリームとコーヒーを組み合わせたメニューも作っていかないといけない。

お客さんが食べたい物で一番なのは間違いなくアイスクリーム。

ただ誰もが出来るパックのアイスクリームを売るだけのビジネスに魅力を感じない。

ネパールで見かけたことのないアイスクリームや生クリーム、チョコレートソースを使ったパフェの考案とかき氷とのコラボレーション。

ネックは値段だが、お金を使える対象となる人に食べてもらえればいい。

今日もコーヒー2杯で240円に驚いていたネパール人もいたが、その層に合わせていたら自分は生活していけないし、ビジネスも続けられない。

その層が90%であっても、対象者は別。

その90%は周りのドカンがやっているビジネスであって、自分の立ち位置と立場をわきまえてやっていくことが重要です。

それにしても暑い。

この5ヶ月で分かった事、それは一人では無理だと言うこと。

今日で3日連続でお客さんが泊まっているのだが、正直 言ってホテルもやるのは1人では無理。

お客さんが来ることは嬉しい事なのに、唯一 休める夜に休めない状況は辛い。

朝も普段より早く起きないといけないし、休むことも出来ない。

ビザの問題もあり、数ヵ月 以内に結婚して同じ目的でサポートして貰える状況を作ります。

今のままでは一杯 一杯で新たな事を試みる余裕もなく、このままではビジネスは上手くいかない。

ホテルにレストランもサポートしてもらえる状況を先ず作った上で、自分の仕事量を半分にした上で始めていきます。

雇われて月給で働いているスタッフは別もの。

先ずはパートナーを決める事が、次の段階でのビジネスに繋がっていく事を実感しています。
子供の頃に見ていた有名人が亡くなると、もうそんな年なんだ・・・ と気付かされます。

人生のゴールは間違いなく「死」です。

そのゴールに向かって悔い無く生きたい!

人生の半分を過ぎると、その気持ちが一層 強くなっていきます。

そして安泰ではなく、人生の選択時が来たときにはより不安で大変だろう選択枝を選んでいきた・・・

そう思うようになりました。

悔いなく生きていく為に。

日本などにもストリート パフォーマンスをする人はいますが、ネパールでその様な光景に出会った事はありません。

例えばストリートで通りすがりの人に聞いてもらうミュージシャンなど。

基本 彼等は単体なので、ネパールにそれが無いのは団体行動しかしない国民性があると思います。


コーヒーのストリート ドリップは1ヶ月ほど前からやっていますが、最近はストリート エアー ラテアートをやっています。

水を使ってラテアートの練習を人前でやっています。

ラテアートが出来るネパール人は殆どいないので、簡単には真似できない「プロ」への道。

しかし問題もあり、ネパールで売られている牛乳は脂肪分3~5%の低脂肪乳で、しかも日によって品質がバラバラ・・・  スチームしても全くフォームが出来ない日も多く、カプチーノをオーダーされてもフォームの無いミルクコーヒーしか出来ない日もあります。


お客さんごめんなさい。ここはネパール・・・

ラテアートを練習していますが、この牛乳がラテアートに適した物でないことは確か。

しかし、少しでも芸術的なフォルムを造っていきます。

コーヒーそのものも、自分の姿も。
誰と一緒になるとか、この子が自分の子だとか、何か意味のないどうでも無い事のように思える。

子供は何処にでもいる。その子と自分の子供と一体 何が違うのだろうか?


そして私達は人間。

誰と一緒になっても、他の誰と一緒になっても人間 同士。

何が違うのだろうか?


比べることでしか判断できない。

比べることでしか分かることのできない私達は本当に悲しい生き者です。


自他に違いなど無いのに。

多くの家族、人々を見ているとそう思います。
2日前から陽気が変わり、すっかり春に。

日中 Tシャツ姿も見受けられ、日射しが当たると初夏のような暑さを感じます。

今年は一度も靴下を履かなかったし、町に買い出しに出掛ける時 以外はサンダル姿。日中はサンダルも履かずに裸足で店の中、外で生活していました。

何だか裸足でないと、足の裏に汗をかいて気持ちが悪い・・・

裸足で外を歩き回る事など日本では一度も無かったけれど・・・ この4ヶ月で足の皮が随分と分厚くなりました。

本当の冬を経験することは、自分の人生で二度とないのかもしれません。

色々と大変なことはありますが、それも含め「感謝」の日々。

生きている日々は有り難い日々。

不安や心配。

こんな素晴らしい気持ちの動きは他にはありません。

今日も一日、ありがとうございました。



Cappuccino&Cafe mocha by Kazu.


違和感を感じるネパール文化。

« その一 »
ゴミを極自然に自然の中に捨てる文化。
日本人にとって、ペットボトルやビニールなどを車の窓からや歩きながらポイポイ捨てる行為はおもすごい違和感を感じます。

« その二 »
自分の顔写真を何処でもいつでも撮って、部屋に飾ったりFacebookに載せる行為。
仕事としている芸能人なら別ですが、正直いって気持ちが悪い。
お子ちゃまならまだしも、大の大人でも自分の顔ばかり撮る・・・


どちらも日本人と言うか、他の国の人が殆どしない行為。

教育よりも人格の在り方を学ぶ必要がありそうです。

ポカラの街で多くのカフェがここ1~2年で店を始めています。

ツーリスト場所のレイクサイドだけではなく街中にも。

コーヒーは自分にとってネパールの文化、特に変わっていくべきものへのひとつの解決策。

Coffee solution

嗜好品と言う道具です。


普通 思い浮かべる「カフェ」のイメージとは異なったものへの挑戦。

無いものを産み出す事。

それは、あるものの中からの変化。


ポカラの冬は冬ではなく、今日もSnow ice (かき氷)が売れましたが、アイスクリームを食べながら歩く姿は今も多く見掛けられます。

Snow ice にも可能性を感じています。やり方と戦略が必要なことは、とりあえずやってのいまいちだった反応から分かりました。

存在を知った村の子供たちの反応からも可能性あり。


モモ。チョウミン。とアドバイスとして皆から言われるし、自分も確かに店に行ったら食べますが、だからこそそこをやりたくない!

それはビジネスの目的がそこにはないから。

それはここでのパラグライダーを辞めた事から繋がっていて、皆が同じであってはいけない多種多様 = 変化= 唯一の真実。

村にあるカフェが街のカフェと同じでは意味もない。

この性分がぶつかりあって何が出来るのか?

楽しみです。


Today's Cappuccino by Kazu.
毎年6月から7月に日本へ帰っていたが、今は全く状況が違う。

しっかりここを任せられる人がいないと、長時間ここを開けて何処かに行くことは出来ない。

数日ですら閉めて出掛けられる経営的 余裕もない。

雇われる従業員ではそれは無理。

パートナーの存在なしに、同じ状況下に居て、人生の目標が同じ人がパートナーとしていない状況では日本へは行けない。

そこがビジネスマンとなって、自営業者となって、今までとは最も違うところ。

必然な状況下に、この年になって初めてなった。

パートナーという存在。

アンナプルナ1周とラダックの旅で使ったこのバッグ。あれから3年間全く使う機会がありませんでした。

まさか全く想像したこともなかった使い方をこれからします!

バイクのキャリーが壊れ、20kgの水をバイクで運べなくなって生まれた使い方です。

このバッグ。容量80リットルの大きさがあります。だから20リットルの容器もスッポリ入ります。

これに入れて背負って水を運ぶことが出来ます。

そして2~3週間に一度バスで運んでいたプロパンガス。
30kgありますが、これもバッグにスッポリ入りました。

ガスは空になると軽くなるので、空はバイクで下ろして、新たなのをバスで運んでいました。

バイクでは重さで体が後ろに引っ張られるし、その他にもミルク5~7kgやその他の物も運んで来ないといけないので、流石に30kgのガスを背負って上がって来る事は無理かもしれませんが、空を下ろすのはこのバッグで背負ってバイクで下ろせます。


グライダーとテント、食料等を背負っていたバッグ・・・ それに今度は水タンクとプロパンガスを入れて背負う。

生き方も生活も変えた事を物語る・・・

このバッグの使い方はその象徴です。




コーヒーを芸術品に変えるのがこのラテアート。

これだけの人が目の前を通って行く環境下でコーヒーハウスをやっている以上、パフォーマンスを身に付ける事は必須です!

今はフィルターコーヒーの実演を兼ねて、塀の上に立ってそこからお湯を差すパフォーマンスをしていますが、これからラテアートを練習して通りすがりの人に実演する。それを並べて飾って置く。

20000回の練習が必要とも言われ、実際にやってみると物凄く難しいですが、それは即ちプロにしか出来ない証しになります。

ネパールにも沢山のカフェが出来ていますが、このラテアートが出来るバリスタは限りなくいなく、スイッチを押してコーヒーを淹れるだけの知識もそこへの情熱もないなんちゃってバリスタが殆ど。

極めれば、間違いなく差別化されたものになります。

なんちゃっては真似出来ても、本物は真似できない!

目指すはそこしかありません。





昨日から3日間スタッフがお休み。又 別の結婚相手に会いに行きました。今回は近場。

そこで今日は店を閉めてルパ湖までツーリングしました。

でもその帰りにエスプレッソマシーンに使うミネラルウオーター20kgを買って、荷台に積んで走っていたら荷台のフレームが折れてしまいました・・・

このマシーンは水道水や井戸水を使うと、そこに含まれるカルシューム等で詰まって壊れてしまうので、3日に1度のペースで町まで行って20kgのタンクをバイクで運んでいました。

荷台って20kgでフレームが折れてしまうの?

メーターは1ヶ月以内で壊れたし、サイドライトも何回も壊れたし、今度はフレームが・・・

バイクが無いと仕事にならないが、フレームを直すのに何日掛かるのか?

そもそも、20kgのミネラルウオーターを頻繁に自分で町から運んで来ないといけない村でのコーヒーハウス。

業者が店まで運んでくれる町とでは苦労度が全く違います。

それは全てに言えることですが、重い水は尚更です。


これは台湾製のバイク。

海外で思い知るのは、如何に日本製が優れているのか!と言うこと。

イタリア製のエスプレッソマシーンも4ヶ月で火を付ける所が壊れたし、本当に全てがガタガタです。

しかし形あるものは全て壊れて無くなっていく・・・遅かれ早かれ。

だから物に執着しても仕形がない。

高級車も高級住宅も所詮 同じです。


レイクサイドから見るストウッパの丘に落ちる夕日。

2017年がスタートしました。

爆発的な年末年始の人並みがここストウッパにも押し寄せましたが、今日から人波も途絶え、今後 果たしてどうなっていくのか? 売り上げが激減すれば不安が押し寄せて来ます。
対応できずにお客さんを断り、店を閉めて対応していたのに・・・  

やはり長い目で見てやっていくことが精神的にも必要な様です。

しかしこのままではいけないので、常に次の新たな物を産み出していかなくてはいけません。

これからは売り上げも落ち不安は増しますが、忙しくて何も他に出来ない状況でなないので、次の展望を考えて行動していかないと。


世界初?のエスプレッソを点てて飲む新たなコーヒーを試しています。

今はエスプレッソを茶せんでかき回して、香りをより広げて展示をしていますが、そこにスチームしたミルクを入れて茶せんでかき混ぜることで、全く違った食感のフワフワ コーヒーになります。

佐藤 僧侶にネパールでやってみたらどうか?と言われた茶道ですが、それをエスプレッソを使って出来ないだろうか?

そのヒントの下、日本から茶せんを持ってきました。

他には無い新たなもの。
今朝 日本山妙法寺の森下 僧侶がお亡くなりになられました。80歳でした。

ここポカラに来られて約1年間、私もこの6ヶ月間で何度かお話をさせて頂きました。

出家の身であり、日本を離れて何十年。アフリカを主に仏教の教えを広められた立派な宗教家でした。

80歳にして毎日ポカラの街を8時間がに渡って巡業されている姿・・・ その精神を感じさせられました。

そして時に精神的に落ち込み、1ヶ月以上も部屋から出てこられない姿も見受け、宗教家ではありますが、一人の人間である姿も知っています。

今後は又ここポカラの日本寺は常駐の僧侶がいなくなります。

亡くなられた森下 僧侶を慕って修行にやって来た日本女性がいますが、僧侶が亡くなった今、彼女がどの様に決断し変わっていくのか?

ネパールの日本山妙法寺の主僧侶であり、自分と同世代の佐藤 僧侶がどの様にされていくのか?

彼とは今後、今回のこと、そしてこれからのことについてお話を伺いたいと考えています。


森下 僧侶。80年間の人生、お疲れさまでした。

御悔やみ申し上げます。

南無妙法蓮華経。



初めてのビジネス。
今の自分に出来る限界に向かって行っている。

物凄い人の波。
数千人? 今日 ここを訪れた人。

とても2人では対応出来ず、途中2時間 店を閉めた 。
そして横になった。

いつもの倍のミルクを朝 買って来たけれど、午後 早々にはほとんど使い切ってしまった。

一番のピークに2時間 店を閉めたけれど、売り上げは過去最高の2万円。

今の自分の限界点。

しかし、1年後は全く違う結果をお見せします!

明日からはその始まり。

1年前の自分と今が全く違うように、今の自分と1年後の自分は全く違って当然。

身体だけには気を付けて、やれるところまで挑戦。

自分に出来る事はまだまだ先に。




今の自分のコンディション。特に心のコンディションが分かる。

「今日もイライラ怒り虫が・・・ ね!やっぱり怒った」

自分の怒る状況。その流れが客観的に見えるようになった。

スタッフにも今の自分の状態を話し、今日の怒りを説明した。

一言で言って、疲れていて余裕もゆとりも無い余白がない状態。

これではこの次に繋げていく、新たなものへの空白が生まれない。

日々で一杯一杯な状態。

今日は何日?

え・・・ 明日が今年 最後の日?

気付かなかった・・・ 今まで。

最近 朝 買い出しに行くDevis hallのドーナッツ屋さんにセットメニュー表があった。

コカ・コーラとセットメニューで5パターン。

どれもセットで100円程と安く地元の値段。

確かにこれが基準になると、ツーリスト場所の値段はかなり高くなる。

お店をやって感じることは、対象となるお客さんはそのお店によって全く異なると言うこと。

1日に1000人 通りかけても、対象となるお客さんはうちの場合30~50人程。3~5%くらい。

その対象となり得る人に、如何に興味を持って来てもらえるのか?!

ビジネスも経験が重要だし、そのポイントも次第に見えて来る。

うちはこれとこれで、それを極める!

そこにマッチした人に来てもらう。

その上にはビジネスを超えた目的があり、ビジネスはその手段であり、これとこれはその道具。

それが他人と全く同じなんてあり得ない。

店の前でパフォーマンスをしているカフェはここにはない。

目の前を多くの人が通りすぎる場所だから出来る自分だけのやり方。

きっと世界初のドリップ コーヒーを淹れながらメディテーションする、コーヒーメディテーションを実施中。

中には写真で撮影していく人もいて、今後ラテアートもトライしていきます。





今日の夕方スタッフが戻って来た。6日ぶり。

やはり疲れが溜まっていて、コンディションは50%。

疲れていると自分の中に余白がないから、ちょっとしたことで感情をコントロール出来なくなる。

仕事は貰うものではないので、エージェントに寄り添う事はしない。

ここを訪れてくれるガイドさんで常連になりつつある人もいるが、殆どは礼儀をわきまえている。

しかし以前から鼻に付くエージェント(ガイド)がいたが、今日はこちらからお断りをした。

「お客を連れて来るのだから、勝手にものを食べたり飲んだりしていい!」筈がない。

勝手に食べては分からない様にお客に払わしたり、帰り際にパンを持っていったり・・・・  今日は娘を連れて来て、マフィンにジュース勝手に食べて行った。

感覚としては「お客を連れて来たのだから、パンのひとつやふたつ食べてもいい!」と考えているのだろう。

でもそれはこちらが決めることです。

疲れが溜まって余白がなかったし、別のお客さんに対応していても割り込んで来るし、もう二度と来るな!と怒鳴り返した。

別にコーヒーが飲みたく無いお客を無理矢理 連れて来て欲しくないし、そもそもエージェントのお客さんが欲しい訳ではない。

そして、彼以外のガイドやエージェントは紳士的です。


基本 団体客とかには興味がなく、単体で来てはコーヒーを自分から飲みたい人にコーヒーを淹れたい。


人は何が最も大事か?がそれぞれ違うので、見えるものも違ってくるのだが、自分は人格が最も大事だと思っているし、その行いを見て人と言うものを見るので、自己中心的な人とそうでない人との境界線がハッキリと見えてしまう。

客商売をしていると、本当に人は行いが違う事に気が付く。

値段に対する=お金に対する反応も全く違う。


果たして自分はどうだろうか?

ずっとずっと直らない感情の変化。

どんな時でも感情を表に出して、怒りを露にしてはいけない。

人の人格を受け流す。

これが時に出来ない。

そこが眼中に入ってしまう自分は未熟者。

自分の見ている世界がそれだけ低い。だから相手にしてしまう。


行いひとつで、その人が分かる。

それ以外は何も重要ではない 




朝 起きられない。動けない。

これは休めの合図です。

11月1日以来 店を閉めました。

土曜日ということで沢山の人が訪れ、店を開けていれば多くの売り上げが見込めましたが、スタッフもいなく、このコンディションではひとりで対応出来ないので、本当は明日 休みたかったけれど、休日の今日 休みました。

また明日からです。

これから年末年始にかけて物凄い数のネパール人がネパール中からポカラにやって来るので、ここも忙しくなります。

年末年始のお祭り気分は一切ありません!

沢山の売り上げを上げる為に、明日からまた休まずにビジネス頑張ります。
昨日と今日。同じく曇っていたし、平日だし、12月のツーリストが少ない時期で何も違いが無いようだが・・・・

気持ちを改めたから? 店内で中森 明菜の曲をかけたから?

昨日の4倍。スタート以来、この3ヶ月と22日で最も売り上げが上がった日になった。

思えばオープン初日の1万5千円が最も売り上げがよく、それをずっと越える事が出来なかった。

今日は1万8千円の売り上げ。

しかも3人で働いていたオープン当時。今日は1人で越えたので動き通しで、お昼を食べるのもたべはじめて3時間以上かかった。正直 言って疲れたが、売り上げが上がるとその疲れも何とかなる。

3日間の休みだったスタッフは、いつ戻ってくるのか? 分からない。

ひとりで全てをやっていては倒れてしまうので、掃除を2日に1度にしたり、朝 開ける時間を少し遅らせたり、出来るだけ座っていたり、やらなくてもいいことはやらなかったり・・・

コーヒー 一杯 約150円の世界。

積み上げていかないと売り上げなんて上がらない。

昨日はお客さんが来なくて精神的に追い込まれ、今日は何とか乗りきった感じ。

やっぱり長期で物事を捉えないといけない。

今月 毎日 平均で9000円近い売り上げ。

よくやっている。これだけのビジネスで。

一生懸命やっている。

必死に。
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/10 アジアン]
[03/14 Kazu]
[03/13 田渕憲志]
[01/10 ユME]
[07/02 みき]
[07/01 Kazu]
[08/05 Kazu]
[08/03 kazu]
[07/30 Kazu]
[07/30 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/09/08
職業:
パラグライダー
趣味:
たそがれ、物想い、静寂、心穏やか、不安、楽しむ
自己紹介:
Kazu
Japan spirits and pride
Professional tandem / Adventure pilot

世界最高峰のヒマラヤ、神の国ネパールで生きていく為に始めた空飛ぶ道具パラグライダーでコマーシャルタンデムをやっています。夢は神の山マチャプチュレへの冒険フライトに挑戦すること。
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Copyright ©  -- 「 心 」 PEACE of MIND 「 旅 」 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]